別れてしまったけど、忘れられない…できることならあの頃に戻りたい!

恋人と破局を迎えた後、そう強く願う人は少なくないでしょう。私自身も、その一人でした。

 

二人の関係が終わってしまったのは確かだけれど、もう一度やり直せる可能性はあります。

しかし、間違った行動をすれば状況は悪化、二度と復縁する機会を得ることはありません。

 

それだけデリケートな問題であることを理解した上で、しっかりと立ち上がりましょう!

正しい行動さえできれば、復縁も夢ではありません。

 

まず始めに理解すること

 

復縁するためには、事実と向き合うことがまず第一に不可欠です。事実とは、恋人関係が解消されてしまったということ。

 

つまり、相手とはもう恋人関係ではないということ。

 

辛いことではありますが、その現実を受け止められないうちは復縁など夢のまた夢…ぐっと堪えることが大きな第一歩になります。

 

そして、別れてしまったということは、相手にはもう気持ちがないということ。

 

あなたが相手を思っているからといって、相手も同じ気持ちでいるとは限りません。気持ちが消えてしまったから、別れを決断したのです。

 

最後に、復縁には相手の気持ちが必要であるということ。

 

復縁とは、相手との関係の修復であって、相手が居なければ成り立ちません。大切にしなければいけないのは、相手の気持ちだということが分かりますね。

 

復縁を成功させるコツとは?

 

復縁を成功させるコツ、それは焦らないことです。そして相手の気持ちを考えることです。

 

復縁したいと強く願っているうちは、一刻も早く恋人という関係に落ち着きたい一心でしょう。とにかく、今すぐに、と焦ってしまいがちです。

なぜなら、時間と共にますます離れてしまう気がしているから。繋ぎとめておきたいという気持ちが不安感を煽ってしまうのです。

 

しかし今一度、深呼吸をしてみてください。別れを決意した人間は、どんな気持ちを抱いていると思いますか?相手との別れに抱いた印象が強く残っているはずです。

そんなときに復縁を迫られたら、うんざりしてしまいます。どれほどの思いで別れを決断したのかと疑われてもおかしくありません。

 

「どうすれば復縁できるのか」ではなく、「どうすれば復縁してもらえるのか」と考えましょう。相手の気持ちに寄り添うことが、復縁をうまく運ぶコツなのです。

 

復縁するためにできること

 

時間が掛かるということを覚悟してください。それだけ重い決断を下してしまったという責任感を持ちましょう。

 

冷却期間を置く

 

焦らず、とにかく冷静になることが大切です。相手のためだけでなく、これは自分自身のためにもなります。冷静にならなければ見えてこないものもあります。考える余裕がなければ次へ進むこともできません。

 

すぐにでも連絡をして、返事をもらいたい気持ちは痛いほど分かります。けれど、分かれた直後の時点で、何が理解できるのでしょうか。

 

別れることになった原因は、きちんと認識できていますか?

相手の気持ちを考えられていますか?

 

それは正常な思考回路を取り戻さなければできないことです。恋人関係は自分と相手が歩み寄って成り立つものだということを、改めて理解しましょう。

 

自分磨き

 

冷却期間といっても、それができないから困っているんだ!と思う方も居ることでしょう。現に私は、それができなかった人間です。そして見事に失敗しました。今になってみれば、そうなるべくしてなったとしか言えません。

 

まずは考えること!それが自分を磨く皮切りだと思ってください。

 

別れの原因は何だったのか?それを突き詰めていきましょう。その点が残っている限り、相手は「同じことの繰り返しになるのではないか」という不安感を拭いきれません。

 

逆に言えば、改善が見られることで不安感が薄れ、復縁の可能性は高まるのです。

 

また、中身を磨くことは大前提として、外見に気を使うのも効果的です。小奇麗な化粧をしてみたり、華やかに着飾ってみたり、マンネリ化していたイメージを払拭して新鮮さをアピールしましょう。

 

言葉遣いなどの所作を改めることも人間的な魅力を感じさせてGOODです!

 

未練を捨てる

 

恋人同士であった日々にしがみつくのはやめましょう。復縁は取り戻すことではなく、「新しく創り上げるもの」だと考えるのが前向きです。

 

自分に未練があると察知することで、相手は警戒心を抱いてしまうでしょう。そうなれば距離を縮めることはさらに難しくなってしまいます。

 

適度な距離感を保つ

 

冷静な判断ができるようになってきたら、もう一度コンタクトを図っても良いでしょう。ただし、恋人気分でしないこと!

 

他人という関係性を理解し、正しい距離感を掴むことができなければ、恋人同士の距離感を得ることもできません。一度縮まった距離から離れることは難しいかもしれませんが、返ってくるのが当たり前だと思わないように気をつけましょう。

 

友達関係を築く

 

友達という関係は、少なからず相手を好きでなければ成り立ちません。この位置を獲得できればかなりの進展だと思って良いでしょう。

 

また、一緒に過ごせるメリットとして、自分の変化を感じてもらえるという点があります。別れたあの頃とは違うということをアピールできれば復縁にも手が届くでしょう。

 

ただし、ここでも復縁を匂わせるのはNGです。計画的に見えてしまったり、一気に重たく感じられてしまいます。

 

あくまでも友人として、相手に楽しんでもらえることを第一に考えましょう。

純粋に二人の空間が穏やかに楽しめるようになったら、復縁を持ちかけてみても良いでしょう。

 

冷却期間に必要な時間とは?

 

破局直後はとにかく時間を置く、と述べましたが、具体的にどれくらいの期間が必要なのか分からないですよね。冷却を待っている間に新しい恋人ができてしまう危険性も充分に考えられます。

 

短くてもダメ、長すぎても危ないとなると、どれくらいが適切なのでしょうか?

 

厳密に言えば、もともとの二人の関係性や相手の性格、別れた原因によって様々であると言えます。が、一般的には1ヶ月~半年は空けたほうが良いでしょう。

 

あなたの束縛が原因となっている場合には、長めに期間を置くことをオススメします。執拗な連絡にうんざりされてしまう可能性が高いためです。

 

別れた直後は「恋人はしばらく要らないかも…」と思う方も多いので、半年間くらいであれば新しく恋人ができる危険性もそう高くありません。

 

復縁の成功率を高めるための方法

 

この記事では、復縁を成功させるコツと可能性を高める方法についてご紹介しました。

 

ただし、これは一般に考えられるもので、確実な方法ではありません。

 

もしあなたが、どうしても彼との復縁を成功させたいと切に願うのであれば、

 

日テレの「人生が変わる1分間の深イイ話」

テレビ東京「ありえへん∞世界」などの人気番組で話題になった、

 

復縁成功率80%以上の方法

 

彼が違う人生のパートナーを見つけて手遅れになってしまう前に

 

是非試してみることをオススメします。

 

復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

 

後はお互いの縁次第でもあります。

復縁が成功すれば、その縁は本物です。上手くいかなければ、他にもっと素敵な縁があるということです。

 

酷なことも述べてきましたが、この記事があなたの幸せに繋がることを願っています。今はお辛いでしょうが、今出来ることをしっかり見据えて、頑張って!